包茎手術の医療費控除について

医療費控除は医療費を支払ったときに、一定の金額の所得控除を受けられる制度です。
確定申告をすると、お金が戻ってくることがあります。
包茎手術は仮性包茎は健康保険適用外、真性包茎は健康保険適用となっています。
医療費控除の場合、健康保険適用か、適用外かは関係ありません。
法的に認められている医療機関で支払った治療費の自己負担分は、すべて控除の対象になります。
ただし、単なる美容目的の場合は、判断が厳しくなり、税務署が認めないこともあります。
包茎手術は必ずしもしなければいけないものではありません。
仮性包茎の場合は必要のないことが多いですし、真性包茎の場合は日々の訓練しだいでは、
仮性包茎の状態にすることも可能なことがあります。
ですが、真性の包茎手術であれば認められることがほとんどです。
カウンセリングに行った時に教えてもらえました。
仮性の包茎手術は、勃起時に痛みを伴うことや、
不潔になることによって感染症や性病の恐れがあるなど、
手術の必要性を訴えれば、認められる可能性が高いです。