葬儀の常識」カテゴリーアーカイブ

葬儀のマナーは地域によって様々

大切な人の葬儀は突然やってくるものです。
急な不幸は前もってわかるものではないので大変です。
私も祖父がなくなったのは急な脳梗塞で家族みんなで慌てました。
その後の葬儀関係のことも忙しくバタバタしながら行われました。
そんな経験をしたため、葬儀などについての知識不足を実感しました。
意外に多くのマナーや流儀などがあることを知らなかったのです。
そんな葬儀で知っておくべきことは沢山ありますが、
今さんはいったいどれくらいのことを知っていますか?
全く分からないという人のために、私が体験したことを元に紹介しています。
例えば香典の包み方です。最近は市販の不祝儀袋を使うことがほとんどですが、
袋に直接お金を入れないで半紙で中包みをするくらいの心使いは必要です。
姫路の葬式風景
正式には自分で包む場合は、お金を半紙か奉書紙で中包みして表側中央に金額を書きます。
上包みに使うものは奉書紙というものか美濃紙などを用います。
以前は慶事は左から包んでいって右でかぶせていき、
弔事は右から包んで左をかぶせるようにしていましたが、
近頃は慶事・弔事とも左から包んで右をかぶせます。
また、上下の折り返しは慶事は下の折り返しに上の折り返しを重ねるのが正式とされていましたが、
れも現在はほとんど区別されていません。水引は黒と白をかけ黒が右、
白が左になるように結びきりにします。
このように香典だけでもこれだけのルールやマナーがあるのです。
姫路 葬式市民葬儀ご相談センター
知っていて当たり前とされる世界でもあるので知っておくことに損はありません。
そうすることで私が陥ったようなバタバタな状況になることもなくスマートに葬儀を進めることができます。
なので少しづつでも今から学ぶことがオススメです。
今ではたくさんの本が出版されていますが、どれも同じことを書いてる気がします。
まずはお近くの葬儀場にいって無料の説明会を受けるのが良いかもしれません。

式場は研修や展示会に利用するのにおすすめな理由というのはいくつかありますが、まず広いスペースをすぐに借りることができるという点にあります。
多くの参加者が集う催しをするときには会場の用意というのが問題となりますが、多くの人を集めることができますし宿泊施設にもなっているので時間が遅くなるようなことをするときにもそのまま宿泊をすることができるので非常に便利です。
次に会場としてわかりやすいという利点もあり、一般的に大きな建物であることが多いのでわかりやすく参加者が迷いにくいという利点もあります。
参列者が多くなればその分だけ土地勘のない人も増え、会場がわからないということが出てくるのですが、わかりやすい会場にすることによって迷う人の数を減らすことができるというのもメリットとなっています。