投稿者「admin」のアーカイブ

腸内洗浄って何なの?

腸内洗浄を簡単に説明すると、専用の殺菌された温水を、特殊な器具を使って腸の奥まで送り届けて、腸の中をきれいに掃除する方法のことです。
主には医療機関でおこなわれています。
もちろん使用される温水には、健康に害する化学物質などは一切使用されていません。
米国ではモデルやタレント、女優たちが美容におけるデトックス効果を得るために、腸内洗浄を利用しているという事がメディアにも取り上げられ、非常に有名となり、昨今では日本でもポピュラーな施術となってきました。
そもそも、大腸とは、小腸で消化吸収されたあとの残りカスが届く器官です。
大腸の長さは、おおよそ1.5~2mあると言われており、腸壁などにこびりついたままの宿便などが大腸内に多々残されている状態にあります。
それらの老廃物を一掃するために、腸内洗浄の方法は考えられました。
医療機関が行っている腸内洗浄は、まずは仰向けになって大腸全体を意識して、腹部をマッサージし、専門の器具を肛門から直腸へと挿入します。
その後、温水を腸内に注入していきます。そして排水をおこなった後、更に6回程度、この作業を繰り返すことで、すっかり腸内が綺麗な状態になります。
腸内洗浄は保険の適用外ではありますが、3万円程度で行えるので、デトックスが気になる方にはおすすめの施術と言えるでしょう。

陥没乳頭を治すには手術の最後で仕上がりの調整をすることが大切

陥没乳頭は、女性として気になるコンプレックスの一つです。
将来出産した時に授乳が適切にできるかと言う心配もあります。
一言で陥没乳頭と言っても、寒さや刺激を受けた時は乳頭が出てきて正常な状態になる軽度なものから、何をやっても乳頭が出てこず凹んだままになっている重度のケースに分けることができます。
軽度であればあまり気にすることはありませんが、重度となると授乳できないという実害があるかもしれません。
そういった重度の陥没乳頭の場合は、乳頭の形を変える手術を希望する人もいます。
陥没乳頭の手術において最も気になるのは、見た目の仕上がりでしょう。
せっかく治すのであれば、きれいな状態に仕上げてもらいたいものです。
重症な場合は、また再発してしまうことが否定できませんが、基本的には一度治せばそのままの仕上がりを維持することができます。
軽度の場合は根元に小切開を入れて縛り上げるような方法が行われます。
糸で縛り上げる時に仕上がりを調整します。
重度の場合は、乳頭を水平に切り込み、そもそも陥没状態にしている原因の繊維性の組織を切断するなどして処理をします。
これによって形状が変化して陥没乳頭が治るという仕組みです。
最後に縫合する段階で、乳頭が再度落ち込まないように仕上がりを調整することがポイントです。