包茎の手術治療を受けるにあたって

日本の男性の70%程度は仮性包茎だと言われています。
勃起したときや性行為の際など、日常生活で全く支障の無い場合には包茎手術をしないといけないいう訳ではありません。
「包茎」が完全に悪いものであるかのようにうたうクリニックなどもありますが、極端にまで悪く考える必要はないと思われます。
確かに包茎による、デメリット的な事が少なからずあるという事も、しっかりと理解していくことは大切だと言えます。
昨今のインターネット社会においては、包茎に対するコンプレックスを必要以上に感じさせられたり、手術しないと恐ろしい事になると脅されるような情報、マジックのようにペニスを大きくするような治療方法について等、あまり医学的に正しくはない情報も数多く出回っています。
これらのようなまがいものの情報に惑わされず、正しい情報と認識をもって、包茎手術に臨まれる方は専門の医療機関にご相談されることをお勧めいたします。

包茎のお悩みなら新宿形成外科へ
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01