陥没乳頭を治すには手術の最後で仕上がりの調整をすることが大切

陥没乳頭は、女性として気になるコンプレックスの一つです。
将来出産した時に授乳が適切にできるかと言う心配もあります。
一言で陥没乳頭と言っても、寒さや刺激を受けた時は乳頭が出てきて正常な状態になる軽度なものから、何をやっても乳頭が出てこず凹んだままになっている重度のケースに分けることができます。
軽度であればあまり気にすることはありませんが、重度となると授乳できないという実害があるかもしれません。
そういった重度の陥没乳頭の場合は、乳頭の形を変える手術を希望する人もいます。
陥没乳頭の手術において最も気になるのは、見た目の仕上がりでしょう。
せっかく治すのであれば、きれいな状態に仕上げてもらいたいものです。
重症な場合は、また再発してしまうことが否定できませんが、基本的には一度治せばそのままの仕上がりを維持することができます。
軽度の場合は根元に小切開を入れて縛り上げるような方法が行われます。
糸で縛り上げる時に仕上がりを調整します。
重度の場合は、乳頭を水平に切り込み、そもそも陥没状態にしている原因の繊維性の組織を切断するなどして処理をします。
これによって形状が変化して陥没乳頭が治るという仕組みです。
最後に縫合する段階で、乳頭が再度落ち込まないように仕上がりを調整することがポイントです。