発毛治療後に生えてくる毛は髪質が変わるってホント?

発毛・育毛専門メディカルサロン BIDAN大阪店などの専門サロンの増毛治療によって生えてくる髪の毛は、髪質が変わるというよりは、単純に髪が太くしっかりとしたものになります。
髪が細く芯がない人も多いのですが、髪の毛が単純に強化されている状態になります。
せっかく発毛するので、弱弱しい細い毛よりもその方が良いでしょう。
薄毛の人は毛が細く薄くなってしまっているので、発毛治療によって髪が丈夫になるということです。
他の髪の毛が抜けているということは、明らかに髪が弱って細くなっているので、それを解消するためには髪を丈夫にする必要があります。
なので、発毛の治療にはそもそも髪を丈夫にするということが含まれています。
ですので髪質が変わるのは当然と言えば当然です。
逆に薄毛の状態の細くて弱い髪のままだと、発毛治療がうまくいっているとは言えないでしょう。
多少そのまま髪の毛が増えたとしても、また抜けてしまう可能性が高いです。
太く丈夫な髪を生やすということが重要で、そうしなければなりません。